ミルシルの発売記念webセミナーが開催されました!

録画視聴をご希望の方はこちらよりお申し込みください。視聴URLをお送りします。

店舗DXに革命を!と産声をあげた、クラウド防犯AIカメラ「ミルシル」ですが、開発したのはIdein株式会社(イデインと読みます)というスタートアップ企業です。

まだ認知度が高くないIdeinですが、経済産業省が選定するJ-Startup企業であったり、他にもいろいろとご紹介したのですが、それはまた別の機会にさせていただくとして、今回はそんなIdeinが主催するwebセミナーが、ミルシル発売記念の特別編として開催されましたので、そのお知らせとしてブログ記事を書いております!

店舗DXはどこまで進化できるのか?ミルシル発売記念webセミナー

豪華なパネラー陣による内容の濃いトーク

最初に登場したのはトレジャーデータの創業者であり、先日CEOに就任されたばかりの太田一樹氏。シリコンバレーで起業し、今では世界で500社以上にカスタマーデータプラットフォーム(CDP)サービスを提供するトレジャーデータですが、ビックデータ活用を追求しているからこその貴重なお話を聞けました。

当社CEOの中村、COOの仁藤とのトークセッションの中で、最近の気になるDX事例や、米国の状況などをご紹介いただきました。

 

次に、𠮷野家 未来研究所 未来設計・施設 部長の春木茂氏にご登場いただきました。日本全国に店舗を有数する吉野家様の店舗DXについて、これまでの取組み、Ideinと実施した「牛丼テック」、今後の外食DXにおける課題と可能性など、やはりお話しいただく内容もリアルであり、大変興味深いものでした。

  

最後のセッションでは、博報堂 CMP推進局グローバル部 ストラテジックプランニングディレクターの長谷川恭平氏にご登場いただきました。普段はASEAN地域におけるクライアントのDX支援に携わっておられ、グループ全体のマーケティングテクノロジーセンターでリテールDXソリューションの開発も手掛けられている長谷川氏からは、広告ビジネスを行う上での店舗DXの位置づけや、海外におけるDXの取組など、普段聞くことが出来ないような貴重なお話がありました。

 

 

テーマは「店舗DX」だけど大事なのは…

出演者の方々から店舗DXについて様々なお話をいただきましたが、共通して浮かび上がるものは「テクノロジー」ではなく、現場にいる「ヒト」でした。
テクノロジーが進化して、店舗DXが進み、いろんな可能性が見えてくる中で、より一層「人がやるべき部分とテクノロジーがやるべき部分」「人がやることで価値を生むこと」への注目度が高まってきていると感じました。

DXが、その現場や、そこで働くまたはサービスを受ける人にどれだけ価値を提供できるか、そのためにテクノロジーではなく、「ヒト」にあらためて目を向ける必要があると感じさせるエピソードが、全ての出演者から提供されたのは非常に印象深かったです。

 

録画視聴をご希望の方はこちらよりお申し込みください。視聴URLをお送りします。

店舗DXをすぐに始められるクラウド防犯AIカメラ「ミルシル」

今回のwebセミナーの中でも、折に触れてミルシルについて紹介させていただきました。今までにない手軽さで店舗DXを始めることが出来る、AI技術を気軽に使える、まさに店舗DXに革命を起こすサービスです。ご関心お持ちいただけましたら、ご購入またはお問合せいただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

ご購入ページはこちら

お問い合わせはこちら

 

お問い合わせする